代表取締役写真 代表取締役写真
蓮見 友信

会社のビジョンを教えてください。

4つのビジョンを持っています。
1つめは、デジタルソーシャルインフォメーション(DSI)
デジタル上の様々な個人の行動を価値づけ、スコア化する基準を作って、新しい価値を作る。
2つめは、まだ見ぬ情報に価値を見出し、世の中に届け課題を解決する
Instagramが今のようにビジネスに繋がるとは当時誰も思わなかったし、TikTokもビジネスになるとは誰も思わなかったし、それがすごいアタるかと思ったけどもそこまで勢いはなくなってしまったし、というように何が価値になるかは中々予測しづらいです。その中で、企業の困りごと、課題を解決するのは、やり方や考え方によってくる部分かなと思います。その中でソーシャルメディアは個人にとってはどうでもよいことでも、誰かの価値になることが面白いと感じています。そういう意味でまだ見ぬ情報を、次に出てくる価値を課題解決の手法として提供したいと考えています。
3つめは、個人の価値を最大化することで未来を明るくする
2の話と繋がるのですが、KAIKETSUはインフルエンサーマーケティングにおいて、このインフルエンサーはこのフォロワーが多いから、この商品が合うというロジックで戦略を組みます。その中で、誰に何をさせるかはすごく大事だと考えています。誰かのふと始めたソーシャルのアカウントが、遠く離れたロシアでバスるかもしれないし、また別の人の価値は、実はヨーロッパに刺さると分かれば、ヨーロッパで評価される、そうしたらその仕事はヨーロッパで必要だからVISAが認められるといったような新たな価値の発見にも繋がります。
こうした新たな価値の発見を通じて、ビジョンの4つ目であるDSIに基づく新たな経済圏の創出に挑戦していきます。

代表取締役写真

結果が出るまで
クライアントに寄り添う

KAIKETSUがなぜ
ここまで成長できているのか。

KAIKETSUでは、SNSマーケティングに取り組んでいる、あるいはこれから取り組もうとしているクライアントに対して、確実に商品を売るための設計づくりを緻密に行っています。「やればバズる」というようなSNSを魔法の杖とする安易な考えではなく、結果が出までクライアントに寄り添う姿勢がクライアントに喜ばれています。
そしてそれは結果として、ステークホルダーであるインフルエンサーからも喜ばれることに繋がり、三方よしのエコシステム構築に繋がっています。

代表取締役写真

人と人とについて大事に
考えられるか

どういう人と働きたいか。

KAIKETSUメンバーのあるべき7カ条に賛同、理解を頂ける方と一緒に仕事をしたいです。
理念にも掲げていますが、「思いやり」として、単純な優しさだけでない、人と人とについて大事に考えている人、そういう心持ちを持とうとしている人を必要としています。
仕事とはどうしても理不尽がつきものですが、そこでグッと前向きな考え方ができる人は活躍していますね。

応募者へのメッセージを
お願い致します。

KAIKETSUでは、スピード感、自主性、積極性を大事にしています。
わが社には、この分野で会社に貢献するだったり、自分の目標を叶えたいというような「自分で戦うフィールドを設定できる環境」があります。その中で、ここが戦うフィールドだと決めた所で戦い抜ける人と一緒に働きたいです。
理不尽なこと含めて過程を楽しめる人、何をしてでもゴールをすることが出来る人を求めています。

代表取締役写真

ENTRY

recruit

私たちの考えや想いに共感し、
一緒に頑張っていただける方、ぜひご応募ください。
あなたの可能性に期待しています。