07/News
  • 2020.05.19
  • 株式会社VOYAGE GROUPによる株式会社KAIKETSUの連結子会社化について
  • 株式会社KAIKETSU(東京都渋谷区、代表取締役CTO:蓮見 友信 取締役COO:平賀 大地)は、成長産業であるSNS・インフルエンサーマーケティング事業の広告主への価値提供No.1に向けて、2020年6月1日付で株式会社CARTA HOLDINGS(以下「CARTA HD」)のグループ会社である株式会社VOYAGE GROUP(東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典)による当社株式の取得により、連結子会社化となることを発表させていただきます。

    YouTubeやInstagram、Twitterなどのソーシャルメディアの普及に伴い、インフルエンサーマーケティングへの注目が高まっています。デジタルインファクト社の調査によると、2018年に219億円と推定されるインフルエンサーマーケティング市場は、2023年には509億円、2028年には933億円に成長・拡大することが見込まれています。また、インフルエンサーマーケティングの実施経験がある広告主・広告会社の担当者に対する調査では、活用したことがあるチャネルおよび今後活用したいチャネルについては、Instagramの割合が最も大きく、インフルエンサーマーケティングにおいて、Instagramはとても重要なメディアとなっています。

    KAIKETSU社は、2009年7月に設立し、Blog事業から始まり、現在ではTwitter事業、Youtube事業、Instagram事業を主力に手掛けており、なかでも、Instagramを中心としたSNS・インフルエンサーマーケティング事業を展開しています。創業当初からインフルエンサーの単発でのキャスティングだけではなく「効果測定」にこだわり、売上などの定量的な測定、態度変容などの定性的な測定を繰り返しデータベース化していくことで広告主に価値提供して来ました。現在では10万人を超えるインフルエンサーをデータベース化した独自ツール「Sonar」を開発し、データに基づいたKPI設計、企業公式アカウントを含めたプランニング、施策実施、分析・効果検証とPDCAを回せるマーケティング支援を行うことができる唯一のインフルエンサーマーケティング企業です。

    インフルエンサーマーケティングに効果が求められる昨今、KAIKETSU社ではSNS内で捉えられるデータに加え、ウェブのアナリティクス、ECモール・店舗での購買データなど、SNS外のデータも用い、多角的な視点で効果検証、効果の追求を行っており、成果を出しております。

    今後、世の中のデジタル戦略はさらに統合化していき、デジタル施策全体の最適化が求められる時代が到来すると捉えています。その中で、KAIKETSU社として、「効果」に向き合い、インフエンサーの枠にとどまらず、CARTA HDとシナジーを生み総合力で圧倒的な価値を提供することを目指してまいります。

    今後とも何卒、一層のご愛顧ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

    ■KAIKETSU社について
    会社名:株式会社KAIKETSU
    URL:https://kk2.co.jp/ 
    所在地:東京都渋谷区東1-26-30 宝ビル3F
    共同創業 代表取締役CTO:蓮見 友信 
    共同創業 取締役COO:平賀 大地 
    設立:2009年7月14日
    事業内容:自社プロダクトの販売・運用・コンサル/インフルエンサーマーケティング支援/
    SNSマーケティング支援/タレントキャスティング/イベントディレクション/
    公式アカウント運用/各種キャンペーン企画・運用・分析

    ※記載されているサービスの名称は、各社の商標または登録商標です。

    【株式会社VOYAGE GROUP】 https://voyagegroup.com/ 
    代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典
    創業:1999年10月8日
    資本金:1,000万円(2019年6月末時点、資本準備金除く)
    所在地:東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ15F
    事業内容:アドプラットフォーム事業/ポイントメディア事業/インキュベーション事業
    所属団体:一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)、日本インターネットポイント協議会(JIPC)


    【報道関係者お問い合せ先】 株式会社KAIKETSU 広報室
    お問い合わせ先 : press@kk2.co.jp

recruit

私たちの考えや想いに共感し、
一緒に頑張っていただける方、ぜひご応募ください。
あなたの可能性に期待しています。